講師紹介

講師紹介

チェロ・室内楽 高橋 裕紀
hiroki takahashi
石川県小松市出身。
桐朋学園大学卒業、同研究科修了、
桐朋オーケストラアカデミー研修課程修了。
2002から2006年いしかわミュージックアカデミー受講、
また2008年には特待生及び、いしかわチェンバーオーケストラとして
同アカデミーに参加。
2003年金沢交響楽団と共演し、
ハイドンのチェロ協奏曲第2番を独奏。
2007、2008年桐朋学園オーケストラとして大分にて
別府アルゲリッチ音楽祭に参加しチョン・ミョンフン、
マルタ・アルゲリッチ、ユーリ・バシュメットらと共演。
2008年ヴィオラスペースなどでチェロ首席奏者をつとめる。
2009年桐朋学園特別オーケストラとして、
韓国・仁川(インチョン)にてチョン・ミョンフン氏が
音楽監督をつとめるアジア・パシフィック・
オーケストラ・アカデミーを受講し、
オペラ「ラ・ボエーム」を仁川と富山で公演。
2009年桐朋学園チェロアンサンブルとして、
サントリーホールガラコンサート「響」に出演。
特にオーケストラや室内楽の分野で積極的に活動し、
自主企画の演奏会も多数行う。
高橋 裕紀
フルート 今井 理栄子 rieko imai
パリ、エコール・ノルマル音楽院にて、
フルートを、P.Y.アルトー、工藤重典氏に師事。
室内楽を、ドビュッシー女史に師事し、
演奏家上級及び、高等演奏家課程終了。
フランス国立ヴィルダヴレ音楽院にて パトリス・ヴキヨン氏、
市立フオーレ音楽院にて、G.グラメーズ氏に師事し、
演奏家上級課程終了。
ウィーン音楽院にて、D.フルーリー氏に師事し、
オーストリア州立音楽院にて、F.シュミードル氏に師事し卒業する。
W.トリップ、H.G.シュマイザー、A.アドリアン、
P.ガロワ、R.ギヨー氏に、師事する。
UFAM国際コンクール、
ロジャー・ボルダン・フルートコンクール入賞。
2000年に、在フランス日本大使館でデュオコンサートを行う。
現在、後進の指導や、オペラなどの多彩な演奏活動を行っている。
今井 理栄子
バイオリン・ビオラ 室内楽 鈴木 友紀子 yukiko suzuki
4歳よりヴァイオリンを始め、高校在学中にヴィオラへ転向。
東京藝術大学器楽科ヴィオラ専攻卒業後、
同大学院修士課程室内楽科修了。
ヴィオラを菅沼準二・クロード=ルローン・川崎和憲の各氏に、
室内楽を岡山潔・松原勝也・山崎伸子の各氏に師事。
東京藝術大学バッハ・カンタータ・クラブにて
小林道夫氏の指導のもと研鑽を積む。
東京バッハ・カンタータ・アンサンブル」メンバー。
鈴木 友紀子
ソルフェージュ・楽典・作曲・和声 山中千佳子 chikako yamaka
3歳からピアノを、12歳から作曲を始める。
 東京芸術大学音楽学部作曲科首席卒業。
ならびにアカンサス音楽賞受賞。
同大学大学院音楽研究科(作曲専攻)修士課程修了。
 2005年日本音楽コンクール作曲部門入選。
 2007年アカンサス音楽賞を受けた卒業作品(オーケストラ曲)が、
東京芸術大学奏楽堂にて初演される。
 これまでに、ピアノを青木俊子、岡田敦子、作曲を永富正之、野平一郎、
尾高惇忠の各氏に師事。
 主な作品として、チェロとピアノのための「Rinne」、
 ピアノ・ソロのための小品「夜想曲」、
 6人の管打楽器奏者のための「ディシリエ」、などがある。
「夜想曲」は、CD『佐藤卓史「ラ・カンパネラ」
珠玉のピアノ小品集』に収録されている。
声楽 為ヶ谷 博美(ソプラノ)hiromi tamegaya
国立音楽大学声楽科卒業 二期会オペラスタジオ修了
オズワルド・ストラングル奨学金を得て、オーストリア・ウィーンへ留学
ウィーン市立音楽院声楽科に入学。
エルザ・カステラ=クライスル教授のもと研鑽を積む
その間、学内演奏、ジョイントコンサートなどに出演、好演を得る。
帰国後、千葉市民オペラ「こうもり」アデーレ役でオペラデビュー
東京国際芸術協会主催オペラ「フィガロの結婚」伯爵夫人役
千葉市民オペラ「魔笛」待女役を好演
ソロでは二期会サロンコンサート、市川音楽鑑賞会などに出演。
また小学校1年生よりNHK東京放送児童合唱団に所属し、
演奏会の際にはソリストとしても活躍する。
第2回横浜国際音楽コンクール審査員賞特別賞受賞
故金内馨子、勝本章子、クリストファー・ノルトン=ウェルシュ、
中村邦男の各氏に師事 二期会会員
バイオリン・室内楽 大河内 涼子  ryoko ookouchi
4歳よりヴァイオリンを始める。
9歳よりピアノを始める。
東京都立芸術高等学校卒業。東京音楽大学卒業。
東京音楽大学院修了。
在学中、特待生奨学金 を受け、アンサンブルエンドレスの
コンサートミストレスを務める。
これまでに村上和邦、澤和樹、保井頌子、清水高師、
大谷康子、海野義雄の各氏に師事。
室内楽を苅田雅治、百武由紀、斎藤真知亜、浦川宜也の各氏に師事。
第10回 日本クラシック音楽コンクール 高校の部 第3位(1位なし)
第 7回 日本演奏家コンクール 特別賞
第19回 市川市文化会館 新人演奏オーディション 優秀賞
第 8回 日本アンサンブルコンクール 優秀演奏者賞・全音楽譜出版者賞
トランペット 光浪 裕子 yuko mitunami
東京音楽大学音楽学部音楽学科
「器楽」トランペット専攻卒業。
第5回アジアクラシック音楽コンサート出演並びに最優秀賞受賞。
川崎音楽賞 ひろば賞第1回 研究賞受賞。
これまでにトランペットを故・金石幸夫、飯塚一郎、
林昭世、北村源三の各氏に師事。
ピアノを志澤理恵子、関根由喜江の各氏に師事。
Brass Ensemble Society(ブラス・アンサンブル・ソサエティ)
トランペット奏者。
ホルン 吹奏楽 赤塚 太枝子 taeko akatuka
幼少よりピアノ、13才でホルンを始める。
東京芸術大を経て、オランダマーストリヒト音楽院を卒業。
在学時より室内楽やオーケストラに多く携わる。
留学時はオランダ国内をはじめ
ドイツ、イタリア、ベルギーにてアンサンブル、
ユーゲントオーケストラ、マスタークラス、
教会でオルガンとの共演などを通じて研鑚を積む。
新人、コンサートオーディション等多数合格、
ウィンドフィルハーモニックオーケストラと協奏曲を共演。
帰国後もオーケストラやソロ、アンサンブルで活動
また、個人及び団体の指導にもあたっている。
チェロ 藤見 清加 sayaka fujimi
慶応義塾大学在学中、19歳よりチェロを始める。
同大学卒業後、京都市立芸術大学音楽学部を経て、
フェリス女学院大学音楽学部ディプロマコースを修了。
第29回東京国際芸術協会新人オーディションに合格。
ひたち室内楽フェスティバル推薦団体コンサートに出演。
チェロを上村昇、金木博幸、井上雅代に師事。
室内楽を名倉淑子、ライナー・ホフマン、ウェルナー・ベルチに師事。


オーボエ 神島 竜司 ryuuji kamishima
広島県出身
日本大学芸術学部音楽学科弦管打コース首席卒業。
学部長賞を受賞し卒業演奏会に出演。
同年、読売新人演奏会・
ヤマハ新人演奏会木管部門・広島新人演奏会に出演。
都内オーケストラへのエキストラ出演や、
ミュージカル、宝塚歌劇団の公演に参加。
オーボエを似鳥健彦、本間正史、O・ヴィンターの各氏に師事。
現在、日本大学芸術学部音楽学科演奏補助員、
尚美学園大学音楽表現学科演奏員を務める。
オーボエ 大下 裕子 hiroko ooshita
広島県出身。
国立音楽大学音楽学部器楽学科オーボエ 卒業。
第28回広島市新人演奏会、TIAAスプリングコンサート2008に出演。
広島プロミシングコンサート2007においてR.V.Williamsの
オーボエ協奏曲を、第16回新進演奏家育成プロジェクト
オーケストラシリーズ においてR.Straussのオーボエ協奏曲を
広島交響楽団と共演。
第29回広島市新人演奏会及び広島プロミシングコンサート2012
において特別演奏を行う。
MMCJ(ミュージックマスターズコースジャパン)2010及び2013を受講。
これまでに、オーボエを柴 滋、小林 裕の各氏に師事。
また、第17回浜松国際管楽器アカデミー&フェスティヴァル
においてディートヘルム・ヨナス氏に師事。
室内楽を生島 繁氏に師事。
トリオHoToRIo、HoToRIo d'Anches メンバー。
トロンボーン、バストロンボーン 石川 智久 tomohisa ishikawa
中学校、高校では吹奏楽部に所属し、トロンボーンを担当する。
高校卒業後、ESPミュージカルアカデミーに進学し、
トロンボーンを中根信博、橋本貴久の両氏に師事する。
在学中に立教大学のビッグバンドである、”立教大学
New Swingin' Herd”に参加する。
同バンドでEric Marienthal,Bill Watorus,片岡雄三の各氏と共演。
また第41回山野ビッグバンドジャズコンテスト
において、審査員賞を受賞。
その他にも、石川県の金沢ジャズストリート、群馬県の
太田市大学ジャズフェスティバルへの参加、
ホテルでのパーティー演奏なども行う。
卒業後も同大学のオーケストラ、軽音楽部にサポートとして参加し、
京都への演奏旅行や、下北沢音楽祭への参加を行う。
現在は都内のビッグバンドなどで活動中。
クラリネット 関水 里枝 
rie sekimizu
神奈川県出身。12歳よりクラリネットを始める。
桐朋学園大学卒業。
クラリネットを四戸世紀氏に師事。
エルンスト・オッテンザマー、カール・ライスター両氏のマスタークラス受講。
クラリネット 関水里枝
声楽(ソプラノ)・ポピュラーボーカル 三河尻 晴海 
harumi mikajiri
東京都出身。武蔵野音楽大学声楽科卒業。
二期会オペラスタジオ・マスターコース修了。
二期会成績優秀者「新進音楽家の夕べ」出演を経て、二期会創立50周年記念
コンサートに出演。
第三回日本クラシック音楽コンクール優秀賞受賞、NHK・FMリサイタル出演、
劇団四季オーディション合格。東京文化会館新進音楽家オーディションに
合格し、東京文化会館大ホールで東京ニューフルハーモニック管弦楽団の
ソリスとしてコンサートに出演。
オペラでは、プッチーニ作曲「ラ・ボエーム」ミミ役でデビュー。
プッチーニ作曲「トゥーランドット」リュー役、「蝶々夫人」ケイト役、
モーツァルト作曲「魔笛」パミーナ役及びパパゲーナ役等で出演。
サルスエラではトローバ作曲「ルイーザ」ルイーザ役、バルビエリ作曲
「ラバピエスの理髪師」マルタ役、グリーデイ作曲「カセリオ亭」(日本初演)
マリア役で出演。
コンサートでは、ベートーヴェン作曲「第九交響曲」やモーツァルト作曲
「戴冠ミサ」のソリストを経て、ローマにて「トスティ生誕祭コンサート」に
出演し、イタリア国内の新聞テレビ等で放映され表彰される。
ルブリアーナ国立歌劇場(スロベニア・旧ユーゴ)のガラコンサート出演。
皇室高円宮様・石原都知事出席の東京都慰霊祭にて平和祈念の
ソロコンサートに出演。昭和音楽芸術学院ミュージカル科の講師、
フジテレビ主催「ハモネプ(アカペラコンテスト)」講師を務める。
現在、オペラ・日本歌曲・ミュージカル・童謡・シャンソン等のコンサート、
またチャリテイなど幅広い分野で活躍中。
R.リッチ、G.パスティネ、P.ヴェントゥーリ、A.ポーラの各師に師事。
二期会会員。
声楽 林 美希 
miki hayashi
多治見西高等学校音楽科声楽コース卒業。
国立音楽大学幼児教育学科卒業。同大学科目履修生修了。
声楽を佐藤峰子、森郁恵の各氏に師事。
2003年多治見西高等学校合唱団としてウイーン学友協会にて演奏。
2005年国立音楽大学ヤング・プラハ合唱団として2005年8月に行われた
第14回国際音楽祭ヤング・プラハに出演。プラハ、リトミッシェル、
(作曲家スメタナの生地)を始めとするチェコ国内にて演奏。
同年9月、帰国記念演奏会に出演。その後、丸ビル、チェコ大使など、
様々な場所でヤング・プラハ合唱団の演奏活動を行う。
また、大学卒業時、卒業作品としてオペレッタを創作。
自ら脚本、作曲、振り付け、監督を務め、大学内において公演し好評を得る。
ソロ活動として、2007年岐阜県同調会が主催する新人演奏会において
ソプラノ出演。同年、日展作家に招かれ共演ライブに出演。
第2回コスモスカイオーケストラ定期演奏会にソリストとして
オペラ『Maria and Doraco』マリア役に出演。
2007年度より、日本音楽療法学会認定士が主催する「いのミュージックラボFUN」
にてリトミックアシスタントを務め、また幼稚園や三鷹市の幼児施設などで
リトミック講師として実践を積む。リトミックには自身が作曲した
遊び歌も取り入れている。
2008年夏、NYにてアメリカモダンダンス(エリックホーキンス)ワークショップ
参加。現在ダンススタジオにてエリックホーキンスのフローイングメソッドを
中心に、体の仕組みの理解、インナーマッスル知識と理解を積み、自然な
身体の動きへの気づきや技術を学んでいる。
2008年国立オリンピック記念青少年総合センターにて舞台公演出演。
2010年アサヒアートスクエアーにてダンスパティオ第16回公演出演。
現在、舞台公演やソロ活動のかたわら、聖歌隊や中学校音楽非常勤講師などを
勤めるなど多岐にわたって活動中。
フルート 小笠原 有季子 
yukiko ogasawara
小学校の吹奏楽団への入団をきっかけに、9歳よりフルートを始める。
11歳より、個人レッスンに通い始め、
東京都立芸術高等学校音楽科、国立音楽大学器楽学科フルート専攻を卒業。
三澤美佳氏、立川和男氏、大友太郎氏に師事。
現在は、マリンバとのデュエットや、ヴィオラ・コントラバスとのトリオなどで、
演奏活動をしている他、関東の小中学校、高校にて、音楽鑑賞教室等での
学校公演に参加している。
バイオリン 有馬 真帆子 
mahoko arima
岡山県出身。6歳よりヴァイオリンを始める。
2008年、国立音楽大学演奏学科を卒業、同大学室内楽コースを修了。
在学中にサントリーホール「レインボウ21」、卒業演奏会などに出演。
また、岡山県演奏家協会新人演奏会に出演。
第16回京都国際音楽学生フェスティバルにオーケストラメンバーとして参加。
第29回霧島国際音楽祭にて、藤原浜雄氏のマスタークラスを受講。
秋吉台室内楽セミナー「秋吉台の響き2010」マスタークラスを受講。
第38回岡山県山陽学生音楽コンクール弦楽器部門第3位。
第7回日本アンサンブルコンクール弦楽ピアノデュオ部門入選。
これまでに、ヴァイオリンを上月恵、堀正文、小森谷巧の各氏に、室内楽を
徳永二男、漆原啓子の各氏に師事。
現在、フリー奏者としてオーケストラ、室内楽などで活動中。
弦楽アンサンブルユニットMoment Strings、Ensemble COSMOSの
メンバーとして、ライブも行っている。






フルート・オカリナ 熊澤 万里
Mari Kumazawa
洗足学園音楽大学音楽学部管楽器コース卒業
同大学より2006,2007、2008年度と特別選抜演奏者として認定され、
選抜演奏者演奏会を表参道カワイ「パウゼ」で開催。
大学在学中、横浜インターナショナルスクールで室内楽の
アシスタントコーチとしてフルートパートを指導。
2005年かながわ音楽コンクール入選、
2007年東京国際芸術協会海外マスタークラス派遣オーディション合格、
日本クラシック音楽コンクール好演賞受賞、
2008年横浜国際音楽コンクール2位。
大学卒業後、同大学より前田留学奨学金、英国王立音楽大学より
奨学金を得て英国王立音楽大学大学院へ留学、
大学院集中プログラムを経て卒業。
大学院在学中、Paul Edmund Davisや
James Galwayのマスタークラスを受講。
フルートを青木瞳、佐藤大祐、Wissam Boustany、Susan Milanの
各氏に師事。ピッコロ、オーケストラレパートリーを
菅原潤、Stewart Mcilwhamの両氏に師事。






声楽(ソプラノ)、ボーカル 神田 沙央理
saori kanda
東京芸術大学声楽科卒業
東京ミュージック&メディアアーツ尚美 声楽ディプロマコース卒業
ヤマハ音楽振興会海外留学奨学生に選ばれ2005年6月よりパリに留学。
パリエコールノルマル音楽院、パリ市立フランシスプーランク音楽院で
研鑽を積む。2009年12月、4年半の留学を終え日本に帰国。
声楽を保永尚子、戸田敏子、青木美稚子、エディス・セリグ=パペ、
近藤富佐子、フランソワーズ・ポレ、演奏法をステファナ・フォドロヌ、
伊藤富美恵の各氏に師事。
フランス音楽コンクール奨励賞
ネオクラシック国際コンクール優秀賞、審査員特別賞、パフォーマンス賞
フィガロの結婚(モーツァルト)の花娘、魔笛(モーツァルト)のパミーナ、
ヘンゼルとグレーテル(フンパーディング)のグレーテル、
子供と呪文(ラヴェル)の火の役で出演。
サロンコンサート、チャリティーコンサート、
イベント等の演奏活動も行っている。
声質はソプラノリリコレッジェーロ。
バロックから現代、また仏語、伊語、独語、西語、英語の作品など幅広く学ぶ。
最近はシャンソン、ミュージカル、映画主題歌などジャンルにとらわれず
幅広く歌っている。






バイオリン、ビオラ 内田 沙理
uchida sari
3歳よりバイオリンをはじめる。
桐朋学園女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学を卒業。
国内での音楽フェスティバルに多数参加する。
北京にて日中交流オーケストラ出演。
これまでに、宮下理恵、篠崎功子、塩貝みつる、マスタークラスなどで
竹澤恭子、ヒョー・カン、カート・サスマンズハウス、
ヴィクトル・ピカイゼンの各氏に師事。
在学中より、ドラマ、映画などのレコーディングに参加する。
また多数のアーティストのレコーディング、ライブサポート、ツアー、
PV出演などにも参加。
某テーマパークでの演奏等、クラシックにとどまらず様々な
ジャンルの演奏も行う。
コンセールヴィヴァンオーディション室内楽部門最高位合格。
第7回ブルクハルト国際音楽コンクール室内楽部門、審査員賞。
現在はソロ、バイオリンデュオや、カルテットなど様々な編成で
演奏している






フルート 宮坂 里美
satomi miyasaka
埼玉県出身。4歳よりピアノ、12歳よりフルートをはじめる。
埼玉県立芸術総合高等学校音楽科、洗足学園音楽大学卒業。
これまでにフルートを 大友太郎、菅井春恵、平野正子、
若土祥子の各氏に師事。
第3回ドルチェ楽器デビューコンサートに出演。
現在、後進の指導をするとともに、中学校や高等学校での
吹奏楽の指導にも携わる。
また、ソロ、Flute quartet juinメンバーとして各地でイベント演奏、
パーティ演奏などの活動も行っている。






バイオリン・ビオラ 皆川 真里奈
marina minakawa
桐朋学園大学音楽部卒業。
坂内牧子、恵藤久美子、名倉淑子、漆原啓子の各氏に師事。
第1回TMC Japan公開オーディション1位漆原賞受賞。
第3回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門大学の部3位入賞。
第2回レガシィ・ヴァイオリン・コンクール 大学・一般の部 銅賞。
同コンクール アンサンブル部門 銀賞・埼玉新聞社賞受賞。
イタリアにてカステルサルド国際マスターコース受講、
F.クザーノに師事、奨学金を授与され、修了コンサートに出演。
美しい音と感情豊かな表現力を賞賛される。
2003年、大倉山記念館にてリサイタルデビュー(主催:オフィスTW2)。
以来、演奏活動は多岐にわたり
ベルギー人ギタリスト、ボリス・ガケール氏とデュオ・リサイタル開催。
大川内弘弦楽四重奏団の一員として元・日フィル・コンサートマスター
大川内弘氏らと共演。
ミュージカル「アルジャーノンに花束を」にソロ・ヴァイオリンとして参加。
ヒットメーカー梶浦由記プロデュース シンガー・ユニット 
Kalafina ライブサポート(エレキ・ヴァイオリン)。
赤坂 サントリーホール・ブルーローズにて、ギタリスト・酒井良祥との
ユニット「トルバドゥール」として、世界的ソプラノ歌手、
サイ・イエングアン氏とのジョイントリサイタル
(コンサート光20周年記念公演 「サイ・イエングアン&トルバドゥール 
ジョイントリサイタル」)出演。
“芸術、その無限のパワー 2010”シプリアン・カツァリス×大倉正之助&
HIDEBOH講演&コンサート(東京オペラシティコンサートホール)、
HIDEBOH&LiBLAZEリサイタルシリーズ
Vol.1 winter“TAPり!魅せまSHOW!”(赤坂・草月ホール)に、
タップダンサーHIDEBOHサポートミュージシャンとして出演、
ヴァイオリンソロなどを演奏。
また講師としても、個人指導のほかに、PTNA湘南藤沢ステーションによる
“アンサンブルワークショップ2006”ゲスト共演者(講師)、
2007年同ピアノステップ・湘南秋季・第8部アンサンブルコーナーゲスト共演者、
東京銀座新ロータリークラブ第18回例会卓話者をつとめるなど、
クラシック演奏のほか、ライブサポート、演奏指導、セミナー講師等、
多方面で意欲的に活動している。






バイオリン・ビオラ 阪田 芙優
fuyu sakata
6歳よりヴァイオリンを始め、これまでに、樋口美佐子、
茂木佳子、成田留美子、重森慶子、鷲見健彰、野口千代光の
各氏に師事。
ヴィオラを市坪俊彦氏に師事。桐朋学園芸術短期大学専攻科卒業。
在学中、室内楽で定期演奏会に、ソロで卒業演奏会に出演。
海外研修にて、ハンガリー、リスト音楽院での演奏会に出演。
現在、研究生在学。クラシックの他に、ジャズ、ロック、
ポップスなどのジャンルでも、即興力を生かし、
幅広く活動している。
また、ショートムービーへの音楽提供など、作編曲も行っている。






バイオリン・ビオラ 武石 侑子
yuhko takeishi
東京都出身、桐朋学園大学卒業。
大学在学時に桐朋学園大学オーケストラとしてヴィオラスペース、
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、別府アルゲリッチ音楽祭などに参加。
第29回霧島国際音楽祭に参加、
フェデリコ・アゴスティーニ氏のマスタークラスを受講。
バイオリンを江口有香、小林健次の各氏に師事。
現在、 桐朋オーケストラ・アカデミー研修課程在籍。






バイオリン・ビオラ 東根 洋子
yoko azumane
宮崎県に生まれる。3歳よりヴァイオリンを始める。
洗足学園音楽大学卒業。
在学中、学内のオーケストラとソリストとして共演。
学内外の演奏会に多く出演する。
蓼科高原音楽祭、宮崎音楽祭ミュージック・アカデミーinみやざきに参加。
徳永二男、川崎雅夫、漆原朝子、金南潤、オレグ・クリサ各氏の
公開レッスンを受講。
これまでにヴァイオリンを稲垣昌子、石井志都子の各氏に、
ヴィオラを井野邉大輔氏に、室内楽を木越洋、北島公彦の各氏に師事。
2009年より安永徹、市野あゆみの両氏にピアノとのデュオを師事。






声楽・ソプラノ 山田 紗綾香
sayaka yamada
東京音楽大学付属高等学校声楽科を首席卒業。卒業時に優等賞受賞。
東京音楽大学声楽演奏家コースへ特待生奨学金を得て入学。
在学中、学内オペラや合唱ソリスト、コンサート等に出演。
アジア国際音楽コンクール第2位。
成田絵智子、安達さおり、伊達英二、小山貞子の各氏に師事。
同大学卒業後、渡欧。
ウィーンプライナーコンセルヴァトリウム(リート・オラトリオ科)に入学。
在学中、学内コンサートやサロンコンサート等に出演。
プライナーコンセルヴァトリウムを最優秀の成績で卒業。
ウィーン国際音楽セミナーにてV.ルキアネッツ氏に師事。
ディプロマを取得。
歌曲解釈をW.モーア氏に、声楽をE.リーンバッハー、J.リュック、
富田千種、藤原治道の各氏に師事。






声楽(ソプラノ) 吉川 かおり
kaori yoshikawa
国立音楽大学声楽科卒業、同大学大学院声楽専攻リート・オラトリオ科修了。
二期会オペラ研修所マスタークラス修了。
同調会東京支部新人演奏会、二期会新進声楽家の夕べ、
J. S. バッハ「ロ短調ミサ」「ヨハネ受難曲」「マタイ受難曲」の
ソプラノソリスト等の演奏会に出演。
平成18・19年度、友愛ドイツ歌曲コンクール入選。
現在、私立女子校の音楽・声楽の講師を勤める。
二期会会員。






バイオリン 濱田 南
minami hamada
岡山県出身
4歳からヴァイオリンを始める。
ヴァイオリンを川上昇、堀正文諸氏に師事。
室内楽を徳永二男、漆原啓子諸氏に師事。
大学時代、定期演奏会などではコンサートミストレスをつとめる。
2011年 国立音楽大学卒業
第44回山陽学生音楽コンクール第2位
平成22年度国立音楽大学卒業演奏会出演
第44回岡山県新人演奏会出演
京都国際学生音楽フェスティバル2011出演






声楽(テノール・カウンターテナー) 堀江 真鯉男
mario horie
東京都出身。洗足学園音楽大学声楽科卒業。
同大学大学院音楽学科修了。
同大学学内声楽コンクール1位。
第11回大阪国際音楽コンクール声楽部門オペラコース、
エスポ アール賞受賞。
ブルース・アーベル、オリヴェラ・ミリャコビッチ、
ウーヴェ・ハイルマンの公開講座に参加。
ウィーン音楽セミナー・オペラコース参加。
在学中、「魔笛」「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」
「こうもり」(いずれも日本語上演)にキャストとして出演。
卒業後は「道化師」ペッペ、「ラ・ボエーム」ロドルフォ、
「ドン・ジョヴァンニ」ドン・オッターヴィオ、
「ポッペアの戴冠」アモーレにて出演。
カウンターテナーによるサロンコンサートも行っている。
これまでに声楽を本多悦子、秋山徹、須永尚子の
各氏に師事。
洗足学園音楽大学演奏補助要員。






声楽(メゾソプラノ) 安本 ゆか
yuka yasumoto
東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。
同大学大学院音楽研究科声楽専攻修了。
東京二期会オペラ研修所第53期マスタークラス修了。
第321回芸大フィルハーモニア合唱定期、
第8回シューマン・プロジェクトにて
「ミニョンへのレクイエム」
「小姓と王女」(H.M.シュナイト指揮)の
ソリストとしてデビュー。
その後、ハイドン「天地創造」、シューベルト「ミサ曲第1番」、
ベートーヴェン「第九」、
シェーンベルク「月に憑かれたピエロ」等に出演。
オペラではモーツァルト「魔笛」侍女3、
ヴェルディ「リゴレット」マッダレーナ、
「椿姫」アンニーナ、フローラ等にて出演。
2009年熊本県新人オーディションに合格し、同演奏会に出演。
ソリスト以外にも小澤征爾音楽塾「こうもり」に
塾生として参加するなど
意欲的に活動をする。
これまでに声楽を工藤和美、平和孝嗣、故・毛利準、
伊原直子の各氏に師事。
二期会会員。






ファゴット 江黒 未希
Miki Eguro
12歳よりファゴットを始める。
東京音楽大学音楽学部卒業。給費入学奨学金授与。
1998年市川文化会館新人オーディション合格。
1999年から2001年国連クラシックライヴに出演。
2001年から2003年アジアユースオーケストラに合格、
マシュウ・ルッジェーロ氏(元ボストン交響楽団)の指導を受け、
同団員として日本をはじめアジア各国で演奏する。
2005年東京国際芸術協会オーディション合格。
2007年Naitoチェンバーオーケストラとウェーバーの協奏曲を共演。
2008年ムジカーザにてファゴットリサイタルを開催。
2011年ザルツブルクにてソロコンサートを行う。
これまでにファゴットを山上貴司、霧生吉秀、菅原眸、前田信吉の各氏に、
室内楽を植村泰一、宮本文昭の各氏に師事。
現在、ソロ、室内楽、オーケストラ、オペラ、吹奏楽、
トレーナー等、演奏活動を行う






クラリネット 北岡 羽衣
Ui Kitaoka
13歳よりクラリネットを始める。
高知県立岡豊高等学校普通科音楽コース卒業。
在学中、下八川圭介記念高知音楽コンクールに於いて、
高知音楽奨励賞を受賞。
2006年、東京音楽大学器楽科クラリネット専攻を首席で卒業。
卒業演奏会、ヤマハ新人演奏会に出演。
在学中、2004、2005年度特待奨学生及び、
よんでん文化振興財団奨学生に選ばれる。
2004年度短期留学奨学生として、モーツァルテウム
国際サマーアカデミー(オーストリア)を受講。
その際、アロイス・ブランドホーファー氏に師事。
日墺文化協会オーディションに合格、サントリーホールでの
コンサートに出演。
欧日音楽講座に於いて、ミシェル・アリニョン氏に師事。
ビュッフェ・クランポン奨励賞を受賞。
2006年渡仏。
2008年、フランス国立リュエイユ・マルメゾン地方音楽院クラリネット、
室内楽科を審査員満場一致の一等賞を得て卒業。
2010年、同ジュヌヴィリエ音楽院クラリネット科を審査員満場一致の
一等賞を得て卒業。
ビュッフェ・クランポンサマーアカデミー(スペイン)、
クールシュベル国際サマーアカデミー(フランス)を受講。
パリ国際コンクール(UFAM)クラリネット部門、室内楽部門ともに
審査員満場一致の第一位を受賞。
これまでにクラリネットを岡田孝夫、浜中浩一、エマニュエル・ヌヴー、
クレール・ヴェルニョリー、フローラン・エオ、ニコラ・バルデルーの各氏に、
室内楽を内山洋、安原理喜、水野信行、ミシェル・モラゲスの各氏に師事。
フランスにて、アンサンブルTM+の公演に出演。
2011年4月、高知にてソロリサイタルを開催。
現在、東京を拠点に東京交響楽団等の公演にエキストラとして出演、
ソロ、室内楽でも活動し、後進の指導にあたる。






クラリネット 井上 有加子
Yukako Inoue
神奈川県出身。
洗足学園音楽大学音楽学部管楽器コース卒業。
クラリネットを松本健司、伊藤寛隆、浜中浩一の各氏に、
室内楽を清水将仁、石田多紀乃の両氏に師事。
また、チャールズ・ナイディック、大島文子によるセミナーを受講。
横浜市消防音楽隊にて活動した後、
現在はソロ、室内楽、吹奏楽等で演奏活動を行っている。
また、後進の指導にも精力的に取り組んでいる。






ヴァイオリン 廣瀬 麻名
Mana Hirose
岐阜県出身。
3歳よりヴァイオリンを始める。
東京藝術大学音楽学部附属高校、東京藝術大学音楽学部器楽科、
同大学院修士課程を経て、同大学院博士課程5年に在学。
第46,47回全日本学生音楽コンクール名古屋大会小学校の部第1位。
第48回同コンクール中学校の部第1位。
日本演奏家コンクール高校の部最高位。
YBP国際音楽コンクール高校の部第1位。
芸大室内楽定期、弦楽シリーズ
「ドレスデン・シュターツカペレのメンバーと共に」、に出演。
JTアートホール・アフタヌーンコンサートに出演。
2010年度、明治学院大学アートホール・コンサートシリーズの
コーディネーターとして1年間6回のコンサートを企画、出演。
年数回の国内のイタリアオペラを中心とするオペラ公演に
コンサートミストレスとして参加。
ブレン・ゴラー、ノーヴァート・ブレイニン、イヴリー・ギトリスの
各氏のマスタークラスを受講。
フランス、オーストリア等のサマーセミナー、またヨーロッパ各地の
音楽祭に参加。これまでにヴァイオリンを佐々木はるる、
ゲザ・カパーシュ、塚原るり子、清水高師の各氏に師事






バイオリン・ビオラ 岩谷 明石
Akashi Iwaya
三歳よりヴァイオリンを始める。
桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽部門卒業。
第三回全日本芸術コンクール第三位入賞。
ムジカサンタンジェロ主催、第35回公演 W.A.モーツァルト歌劇『魔笛』
Sant‘angeloフィルハーモニー管弦楽団にてコンサートミストレスを勤める。
現在、室内楽、オーケストラの奏者としての演奏活動、
後進の指導にあたっている。






ヴァイオリン 新美 友紀
Yuki Niimi
名古屋市立菊里高等学校音楽科、
東京芸術大学音楽学部器楽科を経て、
ドイツ国立ロストック音楽大学器楽課程を卒業。 
第46回全日本学生音楽コンクール名古屋大会小学生の部第2位。
第47回全日本学生音楽コンクール名古屋大会中学生の部第2位。
第52回全日本学生音楽コンクール名古屋大会高校生の部第1位。
第2回パドヴァ国際音楽コンクール(イタリア)
ヴァイオリン部門第1位。
第12回JILA音楽コンクール第1位。
ボードウィンサマーフェスティバル、
ウィーン夏期国際マスタークラス、
チェルボ国際夏期音楽セミナー等に参加し研鑽をつむ。
 これまでに、セントラル愛知交響楽団との協演の他、
「未来の巨匠コンサート」、「日本シマノフスキ協会主催
第3回フレッシュコンサートシマノフスキ作品の夕べ」、
「アルマ21世紀コンサート」、
「パラミタミュージアムコンサート」等のコンサートに出演、
「パドヴァ音楽協会(イタリア)主催のコンサートシリーズ」に
デュオリサイタル出演他、各地で演奏活動を行う。
また、ペトル・モンテアーニュ氏率いる
コンチェルティーノ・アンサンブルにてドイツ、フランスの各地で
演奏する。
 これまでに、伊藤美佐子、北垣紀子、若林暢、故・田中千香士、
ペトル・モンテアーニュ、サシコ・ガヴリロフの各氏に師事。






ヴァイオリン 木野 裕子
Hiroko Kino
倉敷市出身。
12歳よりヴァイオリンを始める。
14歳よりオランダ・ハーグアメリカンスクールに通う。
国立音楽大学卒業、及び室内楽コース修了。
洗足学園音楽大学オーケストラ特別給費研究生修了
The International Honors Orchestra Festival in Vienna 2000,2001
オーディション合格
(2001年2ndヴァイオリン首席)
第34回東京国際芸術協会新人オーディション合格
第10回大阪国際音楽コンクールデュオ部門入選
レインボウ21サントリーホールデビューコンサート出演。
これまでにヴァイオリンを菊地裕美、上月恵、小森谷巧、
勅使河原真実、玉置勝彦の各氏に、室内楽を徳永二男、
漆原啓子の各氏に師事。
現在Moment Strings、AZアーティストに所属。
オーケストラや室内楽、ライブ、レコーディング等を中心に
演奏活動を展開。
洗足学園音楽大学付属小学校オーケストラアシスタント講師として
後進の指導にあたっている。







ピアノ 石塚 彩子
Ayako Ishizuka
東京生まれ。2歳から10歳までを米国ニュージャージー州で過ごす。
3歳より現地でピアノを始め、9歳でニューヨークのスタインウェイ・ホールで
リサイタルを行う。
神奈川県立神奈川総合高校を卒業後、スイス・ジュネーヴ高等音楽院に留学。
ソリスト、ピアノ伴奏法、音楽教育学の三つの修士課程でディプロマを取得。
これまでに、ジュネーヴ高等音楽院・学生オーケストラ、
Filarmonica Pitesti Orchestra(ルーマニア)、
Vidin State Philharmonic Orchestra(ブルガリア)と
それぞれサンサーンス、ラフマニノフ、チャイコフスキーのピアノ協奏曲を共演。
また、ジュネーヴ音楽祭に出演、その演奏がラジオ・スイスロマンドにて
生放送される。
帰国後は、サントリーホール室内楽アカデミーの第2期生として
「サントリーホール・チェンバーミュージック・ガーデン」、
「とやま室内楽フェスティバル」等に出演。
これまでに、ピアノを川越美保、ジェラルド・ロビンズ、
藤田佐和子、ディーナ・ヨッフェ、エフゲニー・ザラフィアンツ、
パスカル・ドヴァイヨンの各氏に師事。
現在はソロ、伴奏、室内楽と多方面で演奏活動を行うほか、
首都圏各地でピアノ講師としても活躍中。







親子リトミック、ピアノ、幼児音楽 浅沼 彩香
Ayaka Asanuma
武蔵野音楽大学卒業。
ピアノ、エレクトーンの個人レッスン、グループレッスンで
様々なジャンルの音楽を指導する。
個人レッスンでの技術の向上を目指したレッスンや、アンサンブル
などによる音感、リズム感を育てるグループレッスンなど、
一人一人に合ったレッスンを展開している。
幼児期のリトミックから大人まで幅広い生徒とのレッスンを担当し、
アレンジや創作、ヤマハグレード取得に向けたレッスンなど、
演奏以外の指導も積極的に行う。
ピアノを稗方瑞子、仙田真須美、上村英郷に師事。
子供に向けたピアノ、エレクトーンのコンサートを定期的に開催している。







体験レッスン コンサート情報 お問い合わせ
楽譜ダウンロード

リトル・ドリーマー ザーラ・カンパニー ザーラ ピアノスクール